エンカレッジ株式会社 エンカレッジ

Report & Column

  • エンカレッジ
  • 研修

2019年新入社員研修を終えて

今年度もたくさんの新入社員研修のお声掛けをいただき、まことにありがとうございました。おかげさまで、無事全ての新入社員研修を終了いたしました。

多くの新入社員が不安を抱えているビジネスマナーを中心に、社会人としての心構え、仕事の進め方、ビジネス文書の基礎知識など、県内外で300名余りの方々にお伝えいたしました。

弊社が実施した研修で感じた今年度の新入社員の傾向を下記にまとめます。

・基本的な挨拶は、言われればできるが積極的ではない。

・研修に取り組む姿勢は真面目であるが、主体性、積極性に欠ける。

・グループワークでは、自分の意見を発信し、コミュニケーションを取ろうとする人が増えた。

新入社員の皆様は、研修を終えて意気込みを持って社会人としての一歩を踏み出していらっしゃると思います。

ここ数年の新入社員の傾向は、たくさんの情報を得られる環境にあるため、知識を得たことで「できる」と思い込み、現場で「できない」ことに気づき自信を無くすという例がたくさん見受けられるようです。

新入社員の指導時には、「小さな成功体験」を積ませ自信を持たせることが大切です。研修で得た知識を実践に繋げ貴重な戦力に育てるため、また定着を図るための育成計画も必要です。

弊社では、フォローアップ研修、メンター研修を随時実施いたしております。ご相談もお受けしておりますので、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

 

Posted by 玉井 幸江